ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > ガンロッカー > P503ドットデル(4/4)
 
前ページへもどる
1 / 2 / 3 / 4
p503

二脚を標準装備しています。委託射撃用というより展示の際、見栄えよく銃を自立させるためのものです。

p503

二脚を使わない時はこのように折りたたむことができます。

p503

ここはさすがに角材ではなく板材を使います。
グリップベース、トリガーおよびトリガーガードはクリで作りました。グリップのサイドパネルはチークです。

p503

ピープタイプのリアサイトです。

p503

フロントサイトは三角屋根型です。ガードをつけてあげればよかったかも?

p503

反動もないのにストックが要るのか?という声が聞こえそうですが、重量と見た目のバランスを取るためにはやはりあったほうがいいようです。

p503

本体フレームとストックのつなぎの処理には難儀しました。フレームを何回も作り直したのもここの処理で迷走したのが一因だったりしますが、結局、フレームを鉄道の客車風にデザインしてテールエンドをスパッと断ち切り、そこからストックを生やして、上と横から爪状のパーツで抱え込むようなイメージにしてみました。

p503

全長920ミリ。重量2.4キロ。
ボディの横に張り出した巻き取り装置のせいで、重心バランスは右に片寄っています。しかもかなり前がかりなので、構えてみると数値以上に重く感じます。

p503

ほぼ角材だけで構成されているのが、このモデルの特徴です。グリップまわりを除き、板材はほとんど使っていません。ボディのサイドパネルやモータベースなどの板状に見えるパーツも角材を貼り合わせて作っています。

p503

いたるところに肉ヌキの窓やスリットをもうけて単調になりがちな平面部をできるだけ少なくし、メリハリが出るようにしてみました。
肉抜き窓の一部にはアクセントとしてチーク材を貼り込んでいます。

 
p503

この作品制作の立役者、プロクソンのスーパーサーキュラーソウ です。材があっという間にスパスパ切れる感覚は糸ノコ盤にはないものです。いつもは主役の糸ノコ盤も今回は完全に脇役に回りました。

p503

本体フレームだけでなく、ほとんどのパーツを再作、再々作したため、完成までに半年ほどかかってしまいました。写真はその一例で、3回作り直してやっと納得したモータカバーです。

p503

数百連発のゴム銃を作ることが作者の長年の妄想でしたが、このモデルの完成で、妄想実現とあいなりました。

p503

一次審査通過後、作品を送って二次審査の結果を待っていたところ、ハンズ事務局から電話がかかってきました。
ハンズ・テクニック賞受賞とのうれしいお知らせでした。

p503

p503

「百聞は一見にしかず」ということで連射しまくりのシーンを動画でご覧ください。

射撃動画

前ページへもどる
1 / 2 / 3 / 4

● 諸 元 ●

<制作年> 2006年11月
<モデル名> P503 DOTT DEL ドットデル
<カテゴリー> マシンガン(電動)
<全長> 920ミリ
<銃身長> 205〜320ミリ
<重量> 2.4キロ
<装弾数> 504発 、 120発
<使用弾> #16輪ゴム
<作動> 電動フルオート
<発射速度> 1200発/分 または 900発/分(シリンダ交換による)
<素材> ラミン、ブナ、クリ、チーク、たこ糸、ギアードモータ、単三バッテリーケース、リード線、スイッチキット、木ネジ、ボルトソケット
<塗装> チークオイル仕上げ

2007.03.30 UP

 
TOPページ > ガンロッカー > P503ドットデル(4/4)