ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > ガンロッカー > P225ダブリオット
Tweet

P225 ダブリオット

OGG CRAFTの手作りゴム銃・ゴム鉄砲

疑似フルオートマシンガン。弾倉の2回使いで装弾数倍増

動画もあります
P225

2021年初頭に制作したP225ダブリオットです。
ぷるお〜と式の疑似フルオートマシンガンですが、1列の弾倉(クシ型ホールドフック)を2回使えるように工夫。装弾数を2倍にしました。

同様のコンセプトで2013年に P217ライトニング というモデルを作ったことがあり、そちらはかなり緻密な加工が必要でしたが、それに比べると当モデルはけっこうラフな構造です。

P225

弾倉(クシ型ホールドフック)の輪ゴム用スリットは18ヶ。装弾数は倍の36発です。

P225

特徴的なツイン・フォアグリップ。
それぞれの上端に輪ゴムをリリースするための斜面(いわゆるフカヒレ)がついていて、手動で後方に引くと18発ずつ発射できる仕組みです。

P225

前方のフォアグリップは上端が90°折れ曲がって後方に延び、その先端がゆるやかなフカヒレ形状になっています。

P225

後方のフォアグリップは直上部にフカヒレが位置してます。
どちらもバレルの右側だけ、あるいは左側だけの片面プレートとなっていて、バレルの中心線に対しオフセットした形になります。

P225

2重装填の方法ですが・・・
まず下段に18発。 輪ゴムを左側リリーサの 内側 に通しながら掛けるのがミソです。装填の順番は後ろから。

P225

上段の18発は掛け方が変わり、左側リリーサの 外側 をまたぐように装填します。
これで両段合わせて、計36発が装填できることになります。

P225

左側スリットの内側は下段装填用に隙間をもうけました。

ちなみに、この2重装填法は下記動画で紹介している
装弾数2倍化アイデアを発展させたものです。



*作り方動画 「ダンボールでゴムマシンガンを作る」




P225

バレルとリリーサがオフセットしているため、輪ゴムも斜め方向に飛んでいきそうな気がしますが、予想外にまっすぐ飛んでいってくれます。

P225

P225

以前、量産用に作っていたものの長年放置していた ぷるお〜と用バレル(ツガ製)を再利用。
その他のパーツはあり合わせのシナベニヤ合板、ヒノキ、パイン、ラミン丸棒を組み合わせました。グリップパネルとフォアグリップの底フタはローズウッドです。



「百聞は一見にしかず」ということで実射動画をご覧ください。



● 諸 元 ●

<制作年> 2021年6月
<モデル名> P225 DOUBLIOT ダブリオット
<カテゴリー> サブマシンガン
<全長> 470ミリ
<銃身長> 180〜325ミリ
<装弾数> 36発
<使用弾> #16輪ゴム
<作動> 疑似フルオート、オフセットリリーサによる2重装填
<素材> ツガ、ヒノキ、パイン、ラミン丸棒、MDF、ローズウッド
<仕上げ> クリアウレタン仕上げ

2021.07.03 UP

TOPページ > ガンロッカー > P225ダブリオット