ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > レポート/ゴム銃の作り方 > けり上げ式セミオートゴム銃 P602(簡略版)の作り方
Tweet

けり上げ式セミオートゴム銃 P602(簡略版)の作り方

OGG CRAFT

P602ナスビィ(2008年制作)の簡略版
特徴的な次弾フィードアクションが楽しめます

動画もあります

2008年制作の P602ナスビィ
OGG CRAFT
昔、割りばしゴム銃と同じ発射方式ながら、2発の輪ゴムをセミオートでしっかり撃ち分けるという試みに走っていたことがあって、「たかが2連発、されど2連発」なゴム銃をいくつか作ったことがあります。
P602ナスビィもそのひとつですが、しっかりセミオート動作してくれる機構に仕上がってくれました。

今回は、そのモデル(の簡略版)の作り方を公開します。
材料は4ミリ厚の板材。外観デザインは直線主体でパーツ数も少なく、難易度はそれほど高くないかと思います。
装弾数はショボいですが、けっこう面白い動きをしてくれますので、工作好きの方の習作になれば幸いです。


- モデルの概略 -

名称: P602(簡略版)
装弾数: 2発
作動: セミオート
機構: 傾倒滑射方式(けり上げ式次弾フィード機構付)


Youtube動画

- 図面 (テンプレート)-

PDFファイル・・・ こちら からダウンロードしてA4用紙に印刷してください。
全4ページ。PDFにはパーツを切り出すためのテンプレート、配置図、簡単な組み立て方法が記載されています。



このモデルを作ってみたいという方は、以下のお約束をよ〜く読んで、同意のうえご利用ください。

- お約束 -

  • ゴム銃を人や動物に向けないでください。
  • 規格#16の輪ゴムを使用してください。
  • 2発を超える輪ゴムは装填しないでください。
  • 割れや裂け等不具合のある材料や、指定したものより薄いあるいはもろい材料は使わないでください。銃が破損し、重大な事故につながる恐れがあります。
    制作中およびゴム銃使用中のトラブル(ケガや器物破損等)について作者はその責を負いません。あくまで「自己責任」でお願いします。
  • 当コンテンツは個人の楽しみの範囲内で使用してください。商用利用は厳にお断りします。


  • お約束事に同意できましたか?オッケーな人はゴム銃作りに進みましょう。

    - 材料 -

  • MDFかシナベニヤ(2.5〜4ミリ厚。4ミリ厚推奨)・・・ A4判程度のサイズ
  • 竹串などの3ミリ径程度の丸棒・・・ 1本

  • - ツール -

  • 糸ノコ盤か目の細かいノコギリ(根性ある人はカッターナイフでも!)
  • ボール盤またはピンバイス
  • ペーパー 240番
  • 木工ボンド
  • スプレー糊 or 両面テープ(再剥離可なもの)

  • - 組み立て方 -

    OGG CRAFT
    ダウンロードしたPDFの中のテンプレート(P3)をスプレー糊などで材料に貼りつけ、糸ノコ盤でカットおよびボール盤等で穴あけしていきます。
    ※フレームパネルは左右セットが必要なので注意してください。
    1 フレームパネル左AにバレルCとグリップDを接着する
    OGG CRAFT




    2 トリガーピンFをパネルの穴に差し込む
    OGG CRAFT




    3 トリガーEをトリガーピンFにセットする
    OGG CRAFT




    4 フレームパネル右Bを接着する
    OGG CRAFT




    5 輪ゴムを引っ掛けてトリガースプリングとする (ひねって二重にすること)
    OGG CRAFT




    6 これで完成です。いかにも簡略版といった外観ですが、機構は元のP602ナスビィと同等です
    OGG CRAFT



    - 装てんと発射 -

    1 図の@→Aの順番どおり輪ゴムを2発かけます
    OGG CRAFT



    2 【けり上げ式次弾フィード機構】
    トリガーを引くと上端のホールドフックが倒れ 初弾(赤)が発射されます。同時に次弾(グリーン)がけり上げられて、ホールドフック直前のフックにいったん引っ掛かり、トリガーを戻す動作でホールドフックへフィードされる仕組みです。

    作動については P602ナスビィのページでも説明していますので、ぜひそちらをご覧ください。

    ※注意! 順番どおりにかけないと銃先で詰まったり、射手に向かって逆発射される恐れがあります!



    - 作例 -

    OGG CRAFT

    OGG CRAFT

    OGG CRAFT

    2021.06.26 UP

    TOPページ > レポート/ゴム銃の作り方 > けり上げ式セミオートゴム銃 P602(簡略版)の作り方