ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > ガンロッカー > P215シャクリーヌ

P215 シャクリーヌ

OGG CRAFTの手作りゴム銃・ゴム鉄砲

ノッチレスなラチェット機構を搭載

動画もあります
 
p215

フカヒレ方式(ソーブレード&シャークフィン)の8連発銃、P215シャクリーヌです。
リリーサの送り機構について、これまでの同方式の銃とは違うテクニックを採用しました。

p215

リリーサはフカヒレ型ではなく円型にしてみました。素材は1.6ミリ厚の航空ベニヤを使用。

p215

リリーサの斜面で輪ゴムを押し上げて発射する原理はこれまでのフカヒレ方式(P200型)と同じです。

p215

バレルの下に小銃の "さく杖" のようなロッド(棒)がありますが、これは飾りではなく、れっきとした機構パーツです。

p215

リリーサとロッドは、このようにつながっています。ロッドは従来のフカヒレ方式のスライドボルトに相当しますが、送り用のギザギザノッチはなく、ただのプレーンな棒です。

p215

ロッドを後方へ送り出せば、おのずと発射プレートも後退しますが、問題はどうやってロッドを送り出すか、ですね。

ヒントになったのは、(月山とかの)山スキー場に架設されるTバーリフトという簡易的な搬送機器でした。

p215

スキーヤーは、山の斜面を循環するロープに、このTバーの先端金具をクイっと引っ掛けて、斜面の上まで引っ張ってもらう仕組みです。

p215

こうやって引っ掛けるとロックされますね。いわゆる「てこの原理」なんですが、ほかに例を挙げれば、テントの張り綱等に使う「自在金具」も同じ理屈ですね。

p215

自在金具です。

p215

トリガーの上部に、支点と作用点が仕込んであります。
トリガーを引くと、この2点でロッドをロック。トリガーを引いた分、ロッドを後方へ移動させます。

 
p215

右側面。
ロッドが最前位置にある状態です。材料は3ミリ径のラミンの丸棒。

p215

左側面。
ロッドが後退したところです。

p215

バレルはラミンの角材です。
8つのホールドはプロクソンのスーパーサーキュラソウに溝切りアタッチメントをつけてこしらえました。

p215

グリップ材は、ここのところ作者の定番になっているケヤキです。
塗装は薄めたウレタン塗料でさっと拭き仕上げ。

p215

外観はP209ブルパップ風のプローポーションに仕上げました。

p215

「百聞は一見にしかず」ということで、実射動画をご覧ください。
トリガーに "はがい絞め" にされ、しなりながら後退するロッドに注目です。

射撃動画


● 諸 元 ●

<制作年> 2011年4月
<モデル名> P215 SHAQUERINE シャクリーヌ
<カテゴリー> ハンドガン
<全長> 355ミリ
<銃身長> 265〜320ミリ
<装弾数> 8発
<使用弾> #16輪ゴム
<作動> セミオート
<素材> ラミン、ケヤキ、シナベニヤ、竹串、アガチス、ヒートン、コイルスプリング
<塗装> 薄めたウレタンによる拭き仕上げ

2011.04.18 UP

 
TOPページ > ガンロッカー > P215シャクリーヌ