ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > レポート/ゴム銃の作り方 > 新案!割りばしゴム銃でセミオート(1/2)

新案!割りばしゴム銃でセミオート(1/2)

OGG CRAFTの手作りゴム銃・ゴム鉄砲

ただの割りばしゴム銃にしか見えませんが・・・

動画もあります
 

割りばしゴム銃。
簡単な手づくりおもちゃの代表ですね。
そんな "たかが割りばしゴム銃" も、ちょっとした工夫でいっぱしのセミオート連発銃に変身させるワザがあります。

すでにガンロッカーのP607ビーアーム「子供の科学」誌で紹介済みのネタですが、このページでは割りばしだけに絞ってレシピを書いてみようと思います。

■お約束事と警告■

●ゴム銃を人や動物に向けないでください。輪ゴムを装填する時は特に要注意。
●規格#16の輪ゴムを使用してください。
●装填は5発まで。過装填は厳禁です。
●作成中およびゴム銃使用中のトラブル(ケガや器物破損等)については、あくまで「自己責任」でお願いします。
●このページに書かれているコンテンツは個人の趣味の範囲内でお楽しみください。このコンテンツをもとに利益を得るような行為はご遠慮ください。

●警告
おのおのの作品の出来具合や輪ゴムの装填状態について作者は責任を持てません。場合によっては輪ゴムが射手に向かって逆発射され、顔や目を直撃する可能性もあります。そのためこのコンテンツを元にゴム銃を作成する場合は、あくまで自己責任ということでお願いします。

上記に同意できましたか?オッケーな人はゴム銃作りに進みましょう。


- 材料 -

tutorial_semiauto

■割りばし 4膳
■輪ゴム 10本程度

- カット -

作り方

(1) 割りばしを割らずに、片方だけ先端を25ミリほどカット。それをマズルピース(輪ゴム掛け)とします。 残りは銃身として利用します。

作り方

(2) 別の割りばしを割って、それぞれ先端を65ミリずつカット。トリガーとバースト制御棒にします。 残りの長いほうの2本はグリップに使います。

作り方

(3) フレームは2膳の割りばしを割らずにそのまま使います。

作り方

(4) 全てのパーツを並べてみました。
※(訂正)グリップに L、Rと表記されていますが、前後の間違いデス。

-組 立-

作り方

(5) 銃身を左右のフレームではさみ、輪ゴムで2ヶ所しばります。

作り方

(6) 銃身をフレームから10センチほど引っぱりだします。

作り方

(7) グリップの前後をフレームに挿入し、輪ゴムを巻きつけて固定します。

作り方

(8) グリップの下部を交差させ、輪ゴムでしばります。この時、後ろのグリップはフレームに対し直角に保つと美しく仕上がります。

作り方

(9) バースト制御棒を輪ゴムでフレーム上部に固定します。

作り方

(10) トリガーをバースト制御棒前方の空間に入れ、輪ゴムを巻きつけて固定します。

作り方

(11) 銃身先端に輪ゴムを引っ掛けるためのマズルピースを輪ゴムで固定します。

次ページへ続く

2011.11.23 UP

 
TOPページ > レポート/ゴム銃の作り方 > 新案!割りばしゴム銃でセミオート(1/2)