ゴム銃のオッグクラフト
OGG CRAFT'S GUN LOCKER

TOPページ > ガンロッカー > P403 カイマン

P403 カイマン

OGG CRAFTの手作りゴム銃・ゴム鉄砲

ステップアップ式連発銃で最もスリムなモデル

動画もあります
p403

ステップアップ方式のセミオート連発銃、P403カイマンです。
単発銃ライクなスリムなボディにセミオート連発機構を搭載。トリガーの引きではなく、戻し動作で輪ゴムをせり上げる機構(半ずらしステップアップ)を搭載しました。

p403

可動パーツはトリガーだけです。

p403

トリガー上部のホールドフックはノコ刃型。

p403

6発の輪ゴムをフル装填したところ。
トリガーを引くとホールドフックがフレーム内に沈降。輪ゴムはいったんホールドフックからフレームの各ステップに移りますが、最上段の輪ゴムのみ行き場がないためそのまま発射されます。
トリガーを戻す際、各ホールドフックが輪ゴムを一斉に押し上げ、さっきよりひとつ前方のホールドフックへ輪ゴムが移動。
あとはトリガーを引くたびにこれが繰り返されます。
この動作、P402クロスオーバー のそれとよく似ています。

p403

左側から。

p403

右側から。

p403

ボディ後部にトリガー戻し用の輪ゴムを配置。張りを強めにしないとうまくステップアップしてくれません。

p403

トリガーが回転軸から近く、かつそれ自体短かいため、トリガープルは重いです。
ボディを大きくして回転軸をもっと上方へ移せばましになるはずですが、今回はスリム化がコンセプトだったため目をつぶりました。

p403

フレームパネルの前端部は高さ10ミリ程度しかありません。

p403

グリップ。墨流しの入ったメープルがワンポイントになっています。

p403

カイマン(ワニの一種)の横顔のような形をしたフレームパネルです。

p403

フレームパネルとトリガーはシナベニヤ。バレルは9ミリ角のヒノキを使用。

p403

「百聞は一見にしかず」ということで射撃動画をご覧ください。

射撃動画


● 諸 元 ●

<制作年> 2013年8月
<モデル名> P403 CAIMAN カイマン
<カテゴリー> ハンドガン
<全長> 400ミリ
<銃身長> 260ミリ
<装弾数> 6発
<使用弾> #16輪ゴム
<作動> セミオート
<素材> シナベニヤ、ヒノキ、MDF、メープル
<仕上げ> -

2013.08.18 UP

TOPページ > ガンロッカー > P403 カイマン